呑み助くじらの独り言
日本酒好き女子の日本酒、芝居、日常雑記の独り言です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「Heven's Door」 劇団クラゲ荘

最近2度目の幕末モノ。
なんだろう?流行なのかしら?

新撰組だったり、坂本竜馬も絡んでいたりと
設定も似ているところが、

つまりは、この時代、そしてこの人々の話がドラマチックになりやすく
話として書きやすいのだろうなぁ、、
ということですね。

簡単に要約してしまうと
貧しい田舎の百姓の息子が
全ての人が平等な世界を夢みて、自らの手で時代を変える一端を担うべく
脱藩して新撰組に入隊し
坂本竜馬暗殺に関わるまでの
苦悩の日々の物語、、、か。
パンフから引用すると『青春なんて言葉さえ知らずに死んでいったバカな侍達と遊女のお話』だそうです。

話の内容的には
割と好きな感じ。

ですが、私が殺陣を習っていて
着物も好きで日常的に着ているからなのか、
所作的なこととかが変にに気になっちゃったなぁ、、、
しかも、刀を差すことなんてなかなか無いから気にならんのかもしれないけど、、、
刀の鞘がずっと袴の下に入り込んじゃってて
お辞儀すると袴ごとぴょんと上がっちゃうとか、、、
ありえないんで

もったいない!

日常に無いことが設定にあると
とかくそのことが抜けがちですが、
もちろん感情だったりを見せる方が重要なのだけれども
ちゃんと内面を表現する為にも
そこをないがしろにしないことが
観客の気をそらさない為にも重要なんだなぁ、、、
と再確認。

自分自身も次の舞台が時代劇であるので
気をつけよう。
スポンサーサイト


  1. 2007/04/10(火) 17:01:06|
  2. 観劇
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://isanasan.blog94.fc2.com/tb.php/25-ecd014ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。